恋愛正しい口説き方

好きな女性が出来たらものにしたいでしょう。
そこで口説き始めるのです。
あなたの口説き方次第では、恋人になれるかもしれません。
口説き文句と言えば、その女性を褒めまくるでしょう。
これは定番です。
「今日はめちゃめちゃしんどかったけど、君に会って楽しく話せたら、疲れも吹っ飛んじゃった」
ちょっとわざとらしいですが、これはこれで悪い気はしません。
顔が可愛いと言うのも、褒め言葉ではあります。
それよりは性格や笑顔などを褒める方が効果的です。
「君と一緒にお茶していられるなんて、僕は幸せだな〜」とかの方が喜ぶはずです。
合コンの初対面の挨拶にでも「君のような人が来るなら、もっと頑張るんだったなあ」と言ってみるのも良いかもしれません。
「君の可愛いらしい顔は今まで会った女性の中では最高かな?」とシンプルに攻めてもまた良しでしょう。
さすがに顔が可愛いとか言われたら、思わず喜んでしまうものなのです。
それがお世辞であるのが見え見えでもやっぱり嬉しくなるのです。
さすがに歯の浮いてしまうような話はよしておいた方が良いでしょうが、気に入ったらドンドン押し込んでいきましょう。

恋愛言葉の裏などは軽いもの

同じ恋人関係でも、いろいろです。
とても仲の良い幸せそうな恋人もいれば、何だか雲行きの怪しい恋人もいます。
後者の場合、ありがちな傾向はどちらかが相手の言葉の裏を読み取ろうとしているところがあります。
そういう目線で相手を見ていると、すぐに要らないトラブルを起こすのです。
相手のマイナス面を見つけようとすると、こうなってしまうのです。
もっとポジティブに相手の言葉を捉えれば、喧嘩もしなくなるはずです。
相手の言葉に裏を見出そうとしていては、仲良くなれるはずもありません。
中には、お互いの気持が強すぎるばかりに本当の気持ちを理解出来ないまま、それを言動にしてしまったりする事もあるのです。
言葉の裏を読もうとすれば、得てして悪い方に解釈しがちです。
読めば読むほど、ますます不安になってしまうのです。
せっかくの恋人があらぬ人物に見えてしまいかねません。
ネガティブな会話などしていても楽しくもなんともありません。
当然のように、喧嘩に発展しても別に不思議でもなんでもありません。
せっかく恋人になれているのに、このような原因でひびが入っては虚しくなるだけです。
愛し合っている二人が良い関係でい続けるには、相手の言葉はそのまま信じてしまうのがベストでしょう。

遊園地以外の場所だったらどこ?

デートの行き先に遊園地を選ばないのであれば、水族館や映画館など、屋内で過ごせる施設がいいでしょう。
屋内であれば天気は関係ありませんし、いずれも感動的な衝動に駆られる場所ですから、思い出作りにはぴったりです。
また水族館も映画館も薄暗いですし、雰囲気は盛り上がり、新密度も上がります。
水族館の場合はショーがありますから、飽きることもありません。
映画館の場合は小さな施設より大きな施設のほうが、見られる選択肢も増えますから、好きなものを見られるでしょう。
相手がどんな映画がすきかを調べておくことで、よりスムーズなデートができるでしょう。
なにより映画が終われば、その乾燥をお互いに述べ合うこともできます。
高低であれ否定であれ、話題になりますから、話題を持つことが苦手という人にはぴったりでしょう。
またゲームセンターはさまざまな遊戯がありますし屋内ですが、デートにはあまり向いていません。
相手もゲームセンターがすきというのならいいのですが、ゲームセンターは苦手という人ならつまらないだけですし、音が何よりも大きいですから苦手な人も多いです。
しかしゲームの中には二人で楽しめるものもありますし、相手にもその楽しさを伝えられればいいでしょう。
このメリットを活かすのであれば、ゲームセンターも候補に入れていいでしょう。
またカラオケという選択肢もありますが、その前に相手に聞いてみましょう。
人前で歌いたくないという人は意外と多いですし、初めて会う異性と密室にいるということは抵抗感がありますし、怖いという人もいます。